猫のベッドで昼寝して

猫のベッドで昼寝して

翻訳の傍ら脚本を書いてます。日常の書き溜め。

京都でいろいろ考えた~

「アンナチュラル」を観てから、石原さとみの"ミコトヘア"にしたい欲が高まりをみせている。せっかくこのジメジメの暑い夏をロングで乗り越えたというのに……。油断すると美容院に行ってしまいそう。

f:id:pondeueno:20200908011228p:plain

(可愛いですね~。しかしそれは石原さとみだからなのであった…)

 

今週は京都に帰省中!

コロナ渦中なので数は少ないものの、近所に住んでいる地元の友人数名に会った。2児のママ、婚活中の子、仕事頑張ってる子。

みんな元気そうで本当に良かった。

東京で遊ぶ人達は脚本か元職場関係がほとんどで、どちらかと言うと自由でぶっ飛んだ人が多い気がしている。(勝手なイメージ)

そんな刺激的な日々から離れ、京都の空気を吸い、地元の友人に会うとほっとすると言うか。

良い意味で皆地に足がついていて、こっちはこっちで素敵だなあと思った。

 

結婚・仕事・育児・家族etc……。

久しぶりに映画や本以外の話をじっくりしたなあという感覚。

「で、自分これからどうすんの?一生東京におるん?」と友人に聞かれ、全く何も考えずに「うん」と口から言葉が出た。

「即答か」って笑われながらツッコまれた。 

いや本当に、これからどうすんの?私。

 

うちは父子家庭の一人っ子なので、私が東京にいる限り父は一人なわけで。

父を京都に一人にしておいて良いのか、東京で自由にやっていていいのか……なんて事を考えてしまった。父は何も言わないけど、思ってる事はあるかもしれない。

でも居間で脚本を書いてたら「脚本、何かネタやろか~?」なんて話しかけてくれたりする。「結婚は?フリーランスの仕事の状況は?」なんて事は一切聞いてこない、それが父で、私のやってる事を信頼して応援してくれるのは本当にありがたいことだと思う。

今のところ京都に住むイメージはつかなくて、定期的にこうやって帰省して顔出すのが精一杯かもしれないな……。

 

あと、今回会った友人の一人にこんな子がいた。

「一生結婚するつもりはない。だからと言って、バリキャリになりたいわけじゃない。仕事は好きじゃない。趣味に生きるのだ」とのこと。

素敵な価値観だと思った。

そして「親からは結婚しないのかと聞かれるし、友人からは"結婚しない=仕事に生きるんだろう"みたいな価値観でこられて嫌や~」と面倒臭そうにしていた。

「東京おいでよ~楽しいで~」と私が言ったら、「そういうバイタリティーとか人生に対するやる気は無い」と言っていた。

なんか強い女である。

友人の、この無気力なのに妙に達観しているところが好きだ。

 

私は結婚願望もあれば子供も欲しいけれど、もし自分の子供が生まれたら、結婚や仕事だけが生きる目的じゃないよって、ちゃんと教えてあげられたらいいなと思った。

もちろん結婚や仕事が目的になることも素敵な事だし、色んな選択・価値観があっていいと思う。

 

普段シナリオの事ばっかり考えている分、たまに地元の人達と会話すると、色々発見があったりするなと思った今回の帰省なのでした。

それでは~

f:id:pondeueno:20200908021557j:plain